ネイルアート 資格 歴史

ネイリストの業務内容

ネイリストは、お客様の手、爪、足、爪の健康などの美容管理、脱毛に関連する業務を担当する。

 

顧客の健康状態と美容管理部位に関する情報を把握して、手・指の爪・足・爪の美容管理と脱毛について具体的に計画を立てる。

 

爪の美容補助員に様々な装置および物品を準備し、お客様の施術部位をアルコールなどで消毒する。

 

消毒された皮膚と手・足指の爪などの施術部位のマニキュア・ポリッシュなどを除去する。
施術の手順に従って、各種物品及びツールを選択して、顧客の肌と角質を損傷しないように注意して施術する。

 

ゲストを管理して管理法を指導し、感染や感染症の予防法を指導する。

 

能力および興味の手、爪、足、爪の健康の知識と爪を美しく手入れをし飾ることができる美的感覚が要求される。

 

顧客を直接相手にする仕事の性質上、円満な人間関係能力とコミュニケーション能力が要求される。

 

流行の流れを把握できるファッション感覚があれば有利である。
芸術型と現実型の興味を持った人に適しており、人への配慮、几帳面さ、社会性などの性質を持つ人々に有利である。

 

正規の教育課程のネイリストになるためには、高校卒業以上の学力が要求される。職業訓練ネイルアート専門学校などでプロになるための教育と訓練を受けることができる。
ネイル資格などもその過程で取得していく事になる。

 

マニキュア

ペディキュア:ウェットマニキュア、パラフィンマニキュア、ペディキュアなどがある。

爪の延長

ヒントウィズフィラー、シルクエクステンション、アクリルスカルプチュアなどがある。

脱毛

化学脱毛との物理的な脱毛がある。

アート

ストーンアート、ダング、霜降り、ウォーターデカール、フォークアートなどがある。

 

日本及び米国のネイル産業の状況

 

区分 米国 日本
導入期 1950年代初頭 1980年代半ば
発展時期 1970年代以降 1993年以来
導入された形 ネイルショップの形で専門にされネイルショップと足のケアショップが並行される

小型店舗形態の多様性を追求
専門ネイルショップ
百貨店内ネイルショップ
美容院内ショップ

市場の状況 必須ビューティーアイテムに普及・生活化 1990年代半ば以降、アクティブになり、急速にネイル文化の拡散
主な顧客 安定した収入に基づいた幅広い顧客層を確保 高所得層中心の顧客層の形成を開始1995年以来、新世代まで大きな関心を持つようになっネイル文化の社会的価値を認め獲得

 

ネイルに関する専門用語集

 

マニキュア

ラテン語マヌス(manus、手)とキュラー(cura、管理)という言葉を組み合わせた言葉で手の全体的な管理を意味する。

 

ペディキュア

ラテン語ページディス(pedis、足)とキュラー(cura、管理)と呼ばれる言葉に由来した言葉で爪と足を健康で美しく整えるフットケアを意味する。

ウッドスティック

キューティクルを押したりグルー、またはジェルネイル??の上に乗せるとき多様に使用される。

キューティクル

ささくれやカルスをいう。

キューティクルプッシャー

キューティクルを押し上げたときに使用される。

ファイル(エメリーボード)

ネイルの長さを調節し、形を調節し、表面を滑らかにするために使用されている。

ゲル(ジェル)

グルーよりも接着力が強く、ラップやネイルチップを長く維持させてくれる。

ハンドペイント

ハンドペイント技法でグラデーション、ダブルロードをする手法である。

マトリックス

ネイルルート下の位置で血管、リンパ管、神経などが分布している最も敏感な部分である。

ネイルの資格を取得する為には?

現在、若い女性を中心にネイル資格を取得しようと考えている人が増えていると聞きます。

 

その理由は独立や転職の為、または自分でネイルを楽しみたいからなど様々なようです。

 

ネイリストになる為には必ずしも、資格が必要という訳ではありません。しかし、多くのプロのネイリストはしっかりとした技術を学び資格を取得しているのが現状です。

 

 

日本でその資格を発行しているのが日本ネイリスト協会(JNA)と)インターナショナル ネイル アソシエーション(I-NAIL-A)です。

 

この2つの団体が指定するスクールに通えば、ネイリストに必要な技術や接客などを学べる事ができます。

 

ネイリストと聞くと、アートなどの技術面だけを想像してしまう人が多いですが、プロになろうと思えば接客の部分もかなり重要になってきます。

 

ただ爪を綺麗にできるだけのネイリストではなく、また来たいと思わせるようなホスピタリティーを持ったネイリストを目指しましょう!